2020年04月15日

『新型コロナウィルス感染症対策に関する要望書』を提出

羽島市議会 自民清和会は、新型コロナウィルス感染症について
課題を共有するとともに必要な対策について協議を行い、
羽島市への要望を取りまとめて松井市長要望書を提出しました。
S__86442013.jpg
要望内容は次の通りです。
1、市民間の無用な混乱や誤解、風評被害が生じないよう、
  正しい情報を適時、迅速に提供するとともに、
  直通ダイヤルの周知など市民の不安や疑問に対する相談体制を充実すること
2、マスク・消毒液等(次亜塩素酸水生成器による消毒液も含む)を
  市民、教育機関及び福祉施設 等へ配布すること
3、園児や児童・生徒の安全確保と精神的ケアに努めること 
4、新型コロナウィルスにより影響を受けている各種事業所や
  経済的困窮者の実態を適時把握し、
  対応に苦慮する方への各種支援制度の周知を徹底するとともに
  その相談支援体制を充実すること
5、行政のマンパワーを充足するため、
  新型コロナウイルスの影響により離職を余儀なくされた方や
  内定を取り消された方の緊急雇用対策を実施すること
6、新型コロナウイルス感染症対策を実行するための必要な予算措置を講ずること

状況は日々変化し続けていますが、
私たち市民も行政も一丸となってこの困難を乗り越えていきたいと思います。
どうか皆さまのお力をお貸しください。
posted by 藤川 たかお at 09:30| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする