2019年08月29日

全員協議会

本会議終了後全員協議会が開かれ、
教育委員会より全国学力・学習状況調査結果が報告されました。

調査は、小学6年生中学3年生を対象して本年4月18日に行われ、
学力については、、
小学生は 国語算数
中学生は 国語数学英語 のテストが行われました。

羽島市の結果は、
小学6年生 国語・・・全国を上回っている
       算数・・・全国平均並み
中学3年生 国語・・・全国を上回っている
       数学・・・全国を上回っている
       英語・・・全国を上回っている
とのことで、全国平均よりも高い結果が現れました。

調査では、学力とともに子どもたち自身のこと
地域とのかかわりについての意識調査も行われました。
その結果は次の通りです。
質問 自分には、よいところがあると思いますか。
   小6 全国を上回っている  中3 全国平均並み
質問 将来の夢や目標をもっていますか。
   小6 全国を下回っている  中3 全国平均並み
質問 いじめは、どんな理由があってもいけないことだと思いますか。
   小6 全国平均並み  中3 全国を上回っている
質問 今住んでいる地域の行事に参加していますか。
   小6 全国を上回っている  中3 全国を上回っている
質問 地域や社会をよくするために何をすべきか考えることがありますか。
   小6 全国を上回っている  中3 全国を上回っている

こうした結果を踏まえ、羽島市教育委員会としては、
今後、学力と生活習慣との相関関係についても
明らかにしていきたいとのことでした。
調査結果を有効に活用していただき、
子どもたちの学習環境生活環境
より良いものとなることを期待しています。
posted by 藤川 たかお at 11:00| 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする