2020年07月21日

新庁舎建設特別委員会

全員協議会終了後、新庁舎建設特別委員会が開催され、
新庁舎建設工事の進捗状況が報告されました。
IMG_20200721_104644.jpg
建築工事については、若干の遅れはあるが、
その他については順調に工事が進んでいるとのことです。

現在は、免震装置の工事を行っています。
地震の揺れを少なくするため、
免震装置には、鉛プラグ挿入型積層ゴム(LRB)
弾性すべり支承(SSR)が採用されています。

今後の工事スケジュールとしては、11月中に基礎工事を終え、
建物工事(鉄骨工事)に入る予定となっています。
IMG_20200722_113727.jpg
posted by 藤川 たかお at 11:00| 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全員協議会

全員協議会が開催され、
新型コロナウイルス感染症対策予算について
国からの交付金を活用した市独自策の説明を受けました。
IMG_20200721_094804.jpg
①市内中小企業者等への事業継続等支援事業 5280万円
 (1)羽島市中小企業者等事業継続応援金
    新型コロナウイルス感染症の影響で、
    セーフティネット保証等の融資を受けている者のうち、
    売上高が20%以上減少している者を対象に、
    感染拡大防止等を実施し事業の継続に取り組む
    市内事業者へ、一律5万円を支援する
 (2)雇用調整助成金の上乗せ助成
   「新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置」
    による雇用調整助成金等の支給を受けた事業主(中小企業)に
    対して、市が休業手当の1/10を上乗せ助成する。
    また、市が上乗せ助成した場合、県から市助成額の1/2の給付を
    受けることができる。

②羽島市スーパープレミアム付商品券等発行事業 2億4830万円
 (1)プレミアム付商品券の発行
    地域経済循環・消費喚起を促すため、
    プレミアム率約4割の商品券を発行する。
    1万円分の商品券を7000円で販売。
    1セット1000円券10枚(じもと応援券5枚、共通券5枚)
    9月下旬~購入引換券を発送。
    10月上旬~商品券販売開始。
    販売場所は現在検討中。(商工会議所、市内金融機関等を予定)
    利用期間は、10月上旬~令和3年1月下旬
    11月上旬~商品券の追加販売を開始(抽選による)。
 (2)長寿お祝い商品券の交付
    新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった敬老会事業や
    祝金交付事業(満75歳、80歳、90歳、99歳)の代替として、
    対象者に商品券を送付する。
    長寿お祝い商品券A(市内の80歳以上の方)
      共通券1000円分×1枚
    長寿お祝い商品券B(市内の満75歳、80歳、90歳、99歳の方)
      共通券1000円分×3枚
    
③夏季登校時における給食費無償化事業 2033万6000円
  新型コロナウイルス感染症の影響で、夏季登校(7月21日~31日)を
  余儀なくされ、当初想定していない給食提供に係る保護者の負担軽減とし、
  当該期間の給食費を無償化する。

④地域医療機関等への機能継続交付金事業 955万円
  第2波、第3波が想定される「コロナ社会」での必要な医療提供を
  継続するため、医療機関等での院内感染拡大防止等を支援する。
   医科・歯科診療所、助産所、訪問看護ステーション
     1施設あたり 10万円
   薬局
     1施設あたり   7万円

⑤GIGAスクール構想の更なる加速 136万円
  「学びの保障」に併せた教員用「デジタル教科書」の配備により、
  GIGAスクール構想の取り組みをさらに加速させる。
       
⑥感染症の拡大防止の対応 5421万5000円
  (1)児童生徒等の安心・安全に配慮した環境構築
    1、全小中学校の手洗い場に手洗いレバーを設置。
      全小中学校に非接触型体温計を常備。
      各学校の環境に応じて、サーキュレーターや空気清浄機等を設置。
    2、定期健康診断で学校医が必要とする防護服等の物資調達
    3、学校施設における共有箇所(てすり等)の消毒作業補助 ほか
  (2)市内保育所等における安心・安全に配慮した環境構築
  (3)コロナ禍における災害等に対応した指定避難所等の環境整備
  (4)事業者(ファミリーサポートセンター等)支援のための物資調達

⑦特別支援学校の臨時休業等への対応 1310万7000円
  放課後等デイサービスに係る追加的補助及び
  代替サービスを利用した場合の利用者負担の補助を行う。
  休業要請解除後も障害児通所支援事業所の継続利用が
  可能となるよう休業した事業所への支援を行う。

⑧職場環境のリモート化加速事業 204万1000円
  感染拡大の防止を目的としたリモートニーズの高まりや
  職員の柔軟な勤務体制の拡充を図るため、
  サテライトオフィスやWEB会議システム環境を整備する。

以上が、全員協議会での協議・報告事項となります。
posted by 藤川 たかお at 10:00| 市政報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする