2019年08月27日

下水道事業経営審議会

令和元年度 第1回羽島市下水道事業経営審議会が開催され、
委員として会議に出席しました。

審議会では、下水道事業の経営戦略について協議を行いました。
経営戦略は、安定的に事業を継続していくための中長期的な経営の基本計画
収支バランスの取れた投資・財政計画の策定を目指しています。

今後、経営に関する情報資産の把握
改善すべきポイントの洗い出しなどを経て、
投資・財政計画を策定する予定となりますが、
羽島市の水洗化率は 69.2%(平成30年度末)
下水道普及率は 47.6%(平成30年度末)といった状況です。

今後は、人口減少が進む中で既存施設の更新も必要となり、
整備率・加入率の向上とともに、安定的な施設運営
図っていかなくてはならないという厳しい状況に直面しています。
posted by 藤川 たかお at 10:00| 職務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする