2019年08月01日

東海若手市議会議員の会 研修会@三重県四日市市

三重県四日市市において、東海若手市議会議員の会研修会が開かれ、
①四日市市議会の議会改革
②地方議員のこれから
③市立四日市病院の視察
について、研修・視察を行いました。

①四日市市議会の議会改革について四日市市議会は、全国でもいち早く議会改革の取り組みに着手し、
平成26年度には、第9回マニフェスト大賞において、
優秀成果賞を受賞されています。
IMG_20190801_140741.jpg
平成23年3月には議会基本条例を制定され、
通年議会制の実施や、反問権、文書質問などの
新たな仕組みを設けています。
また、平成26年度からは、各定例月議会における議案の中から、
市民サービスに大きな変化をもたらすような事業や事業をピックアップし、
市議会ホームページで市民に情報提供を行うとともに、
議案に対する意見を募集するといった取り組みも実施されています。

そのほかにも、委員長の引継ぎをスムーズに行えるよう、
常任委員会年間白書の作成や、
市民と議会との意見交換の機会であるシティ・ミーティングの開催、
委員会のインターネット中継タブレット端末の導入など、
数々の先進的な取り組みを行なっています。

羽島市議会も議会基本条例を策定し、
8月18日には、条例に基づく「意見交換会」を実施しますが、
四日市市議会の先進的な取り組みとその後の課題を知ることができ、
大変有意義な研修となりました。

②地方議員のこれから
続いては、元横浜市会議員であり、
株式会社Public dots & Company
代表取締役伊藤 大貴氏より、
「地方議員のこれから」と題してご講演をいただきました。
IMG_20190801_150043.jpg
横浜市会議員を3期10年務められ、
市長選挙にも立候補されたのち伊藤氏。
議員時代にはPark PFIに着目し、
都市公園のあり方に特化して政策を追求されてきたそうです。
2019年に工事が完了した横浜スタジアムの改修総工事費は85億円
横浜市の負担はなく、民間による出資で実現した事業です。
この背景には、横浜市の都市整備局、文化観光局、財政局、政策局、
市民局、環境創造局にPFIの必要性を訴えかけ続けた氏の努力がありました。

現在は起業され、公民連携によるまちづくりを推進するための
プロジェクトを進められています。
議案の審査や行政のチェックにとどまらない、
これからの地方議員に求められる役割を教わりました。

③市立四日市病院の視察
三重県唯一の医療機関群Ⅱ群病院である市立四日市病院視察しました。
IMG_20190801_163032.jpg
平成29年4月に、高精度放射線治療棟を供用開始し、
平成31年4月には、地域がん診療連携拠点病院の指定を受けた市立四日市病院。
精度よくがんに放射線を集中して照射する高精度放射線治療装置
感度の高い画像を撮影できる3T-MRIなどを有効に活用しながら、
より良い医療の提供に努めているとのことでした。
IMG_20190801_170334.jpg
posted by 藤川 たかお at 12:00| 視察・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする